オナ電の時はどんな音を出す?


音声のみのオナ電というものは、相手の声だけで擬似的なセックスを楽しむものです。
つまり、顔を見れるわけでもなく肌に触ることもないために、人によっては物足らないと思うかもしれません。

しかし、上手に演出を加えていけば、オナ電はかなり満足できるものとなるはずです。
そして最も効果的な演出は、音を工夫することです。
受話器を通じてパートナーをエッチな気持ちへと導くには、エッチな効果音を聞かせることが重要になってくるでしょう。

オナ電や見せ合い募集に使えるオススメサイト一覧

ハニーライン

人気No.1の女性が集まる人気サイト!

女性誌の多数の掲載を経て今一番アツイ人気サイトです!!
全国各地に基地局を設置しているので自分の住んでいる近場でお気に入りの子を探せます。
どのサイトを利用しようか迷っているのならとりあえずコレ!というほどの安心と信頼の大手サイト!

お互いの姿が分からないのが最大の武器

例えば、唾液をすする音を出したり、気持ちが良くて思わず出てしまうような声を上げてみたりするのです。
相手との接点が音声のみという特殊な環境が人の妄想を掻き立てるので聞いている方は、思わず相手の状況をイメージしてしまいエッチな気持ちになります。

音声のみでやり取りする場合、相手の顔が見えないために、普通では面と向かって言えないようなことも平気で言えるというメリットがあるのでそれを最大限に活かしましょう。
このようにオナ電では音が大切な要素となるので、いざ本番となった場合に自分がどういった音が出せるのか、少し億劫になるかと思いますが確認しておくことも大事です。
そうすれば、スムーズに音が出せてお互いが満足できる環境が出来上がります。

ある程度の展開や予想を立てておこう

オナ電はいきなり始めてもあまり上手く行かないかも知れません。
台本とまでは言いませんが、ある程度のシナリオや展開などをあらかじめ決めておいた方が、良いプレイが楽しめるでしょう。

このような音声のみでのセックスは想像力も大事ですが、企画力もかなり重要なのです。
自分の考えた企画通りに事が運んで行き、パートナーが絶頂を迎えた時、ある種の充実感が得られ、通常のセックスとはまた違った満足感が味わえたりします。

想像力と擬音が盛り上がるコツ!

オナ電において想像力というのは大事です。触れられない、見えない状況ですから、足りない部分はすべて想像力で補っていきます。
想像力が足りなければ、急に醒めてしまうこともありますから、想像するための情報は大事です。

例えば現在の服装がどうなっているのかを確認し合いましょう。
まるで実際に相手の姿を見ているかのように褒めながら、下着まで確認しておくとこちらも想像が膨らむのではないでしょうか。
服を脱がせるときにも、相手に今どこを脱いでいるのか、どこを触っているのか、どんな状態になっているのかを話させることでより楽しめるはずです。

逆にこちらが脱ぐ場合でも、どこを脱いでいるのかなどちゃんと伝えるようにしましょう。
相手は見えませんが、セックスですから前戯をすることも大事です。
音を立ててキスをしてみたり、全身リップしてみたりと大事なのは今自分がどこを責めているのかを相手に伝える事と、音をうまく使って相手に想像させる事でしょうか。

本番を始めても、言葉と音というのがキーワードになります。
相手に伝えられる情報がこれだけですから、喘ぎ声や吐息を出して気分を盛り上げていきましょう。実際に触ることが出来ませんから、声や音は大げさに出した方が良いです。

オナ電を極めたいという人は、しゃぶる音や舐める音、吸う音、水音など実際のセックスの中で自然とするような音を出すことが出来るとどんどん盛り上がっていきます。
音だけではなく言葉も大事です。自分の体の状態を相手に伝えるのはもちろん、気持ちいということを伝えるだけでも充分に効果があります。

終わった後はすぐに切ることはせずに、余韻に浸りながら相手をねぎらってあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする