現代のオナ電事情はどうなっているの?

今現代のテレセ事情をお伝えします!
近年では無料通話アプリが登場し、しかもテレビ電話まで行うことが出来る時代。バブル期に隆盛を極めたテレフォンセックスマニアには、非常にいい時代になりました。オナ電とテレフォンセックスの違いや現代のテレフォンセックスの状況などについて紹介します。

オナ電や見せ合い募集に使えるオススメサイト一覧

MGI《18禁》

人気No.1の女性が集まる人気サイト!

女性誌の多数の掲載を経て今一番アツイ人気サイトです!!
全国各地に基地局を設置しているので自分の住んでいる近場でお気に入りの子を探せます。
どのサイトを利用しようか迷っているのならとりあえずコレ!というほどの安心と信頼の大手サイト!

MAX《18禁》

女の子との出会いまで可能!?注目の人気サイト!

大学生から暇を持て余している人妻や熟女まで!
大人な出会いを求めている人が多数利用しています。
そのままセフレになった人もいる今話題のサイトです!

ハニーライン

そのまま会える!今大注目のサイト!

今現在も地域のセンターの数を増加しつつある注目株!
テレフォンセックスやセフレ探しに利用している女性が多いことから今後の期待大の人気サイト!

昔はオナ電だけ

その昔、1980年台の日本にオナ電というサブカルチャーは誕生しました。その当時は現在のようにスマホが普及しておらず、ガラケーすらもなかった時代。女性は自宅の電話や公衆電話などを利用してオナ電に電話をかけ、知らない男性とコミュニケーションを取っていたわけです。

暇つぶし目的やオナ電目的、援交目的など非常に多くの男女が利用をしていたわけですが、さまざまな人間模様があったわけです。かく言う私もオナ電を利用していた人間。

コール音が鳴れば我先にと受話器を高速で取り「もしもし?」と声をかけるといきなり女の子が泣いている。「どうしたの?」と声をかけ、なぜ泣いているのか。どんな悩みがあるのかを親身になって聞いてあげるとすっかり心を許してくれたのか、相手から会いたいと言われそのままラブホで…なんて体験もたびたびあったものです。

彼氏や彼女を探している男女にとって、格好の出会いの場がオナ電だったというわけです。他にもテレフォンセックスマニアなどオナニーをより刺激的に楽しみたいという男女の利用も多かったわけですが、出会い系サイトもなければ、コミュニケーションアプリもない時代。オナ電が時代の寵児となった理由はこういった要素があったからです。

現代ではオナ電し放題な時代

オナ電は携帯電話の誕生や出会い系サイトの誕生。更にネットで利用ができるツーショットダイヤルなどで出会いを求める男女はもちろん、テレフォンセックス目的の男女も離れていき、衰退してしまうことになるわけです。

現代ではガラケーはもちろん、スマホでインターネットに簡単にアクセスすることが出来るため、わざわざオナ電などの専用の施設へと出向く手間が省けました。現在のテレフォンセックスでは、自宅であろうと出張先のホテルなどであろうと、いつでもどこでも行うことが出来るわけです。

根強いオナ電ファンが残っているため、現在でも全国を探せば数店舗のオナ電店を見つけ出すことは可能ですが、現在ではわざわざ高い利用料金を支払ってでも行きたいと思う男性は少ない状況です。

オナ電の利用料金は1時間で1,800円前後、プランなどを利用したとして15時間で4,000円前後のコストが掛かることになります。ネットカフェを利用することを考えるとなかなかのコストになりますから、無料通話アプリ全盛の現在においてオナ電に出向いてまでテレフォンセックスをしようとする男性はほぼいないといえるでしょう。

テクフォンセックスとオナ電はどう違うの?という疑問を持っている方も多くいらっしゃいますが、基本的にはテレフォンセックス=オナ電と考えて問題ありません。テレビ電話でお互いに姿を見せあった状態のプレイをテレフォンセックスと言ったり、オナ電するという方もいれば、明確にチャットHなどと表現する方もいます。

結局のところリアルセックスではなく、電話やチャットなどの通信手段を使って行う相互オナニーのことをオナ電やテレフォンセックスと呼んで問題ないといえるでしょう。

テレセは廃れ、オナ電を個人で楽しむ時代に

その昔はオナ電を利用するしかオナ電を楽しめるツールはありませんでした。しかし現在ではライブチャットやアダルト動画などが溢れ、個人的にスマホで無料で利用することができるため、テレフォンセックスは個人で簡単に行える時代なのです。

また呼び方は多々あれど通信ツールを使った相互オナニーをテレフォンセックス、オナ電と呼んで問題はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする